キャッシング比較用語集

キャッシング比較用語 ふへほ

ブラックリスト
ブラックリストとは、個人信用情報機関などのなかで消費者金融会社やクレジットカード会社からマイナス評価をされた情報のことを言います。
この情報は異動情報やネガディブな情報(返済事故記録など)で、このブラックリストに載ってしまった場合に融資や借入は基本的にできません。
サイト上でブラックOK!といううたい文句を見る事がありますが、これはヤミ金の誘い文句である事が多いので注意が必要です。
フリーローン
フリーローンとは、一般的に利用目的が自由なローンの事なので、ショッピング・引越し・ブライダル・ベビー・教育など、様々な用途に気兼ねなく使えます。
フリーローンは一般の消費者金融と同じく限度額はそれほど高くなく(100万円程度)、実質年率は高めですが、保証人は必要なく安定した収入がある人ならだいたい借りれます。
分割払い
分割払いとは、ショッピングやキャッシングの支払いについて、何回かに分けて支払いをする方法の事です。
分割払いでは回数が多くなるほど一回の返済額は少なくなりますが、回数が増えるほど手数料(つまり金利)は高くなってしまいます。
分割払いだと使うキャッシングやカードの種類によって回数が決まっている回数指定と、金額を決める金額指定の方法があります。
変動金利
変動金利とは、その名の通り固定金利の対義語で、一定期間ごとに金利の見直しをしていって期間中に金利が何回も変動する方式の金利の事をいいます。
変動金利の場合、表面上は有利に見えます。しかし変動金利の平均が結果的にどうなるかは終わってみなければわかりません。
そして変動分はプライムレートといわれて通常は短期プライムレートに1%をプラスしますが、各銀行ごとに独自のプライムレートを決めたり1%のプラス分も銀行ごとに異なったりもするので銀行によってばらつく事も多々あります。
弁済
弁済とは、債務者が債権者に借りていたお金を返す事を言います。
弁済を別の表現で表すと債権の給付を行う事でその債権を消滅させる事となります。
また弁済期とは借りたお金を返す返済期日のことで、分割払いでは利息及び元本の一部を返済する期日につき末日までになどと具体的に契約書の条文に定めてあるのが普通です。
法定利率(法定利息)
法定利率とは、法的に定められている利率の事で、法定利息とも言います。
しかし一般には契約時に利息を定めますので、この法定利率が適用されるのは契約時に利率を規定しなかった時のみで、民法では年5パーセント、商法は年6パーセントとなっています。
また消費者金融の場合は法定利率は適用されず、利息制限法が適用される事になります。
保証人
保証人とは借り手の債務を与信業者に対して保証する人のことです。 単純保証人には催告の抗弁権と検索の抗弁権がありますが、連帯保証人にはこのような権利はありません。
保証人には借金をした債務者がお金を返さない場合、保証人が債務者にかわってその借金を返済しなければならないという責任があります。
債務者の債務を肩代わりして支払った保証人には債務者に求償し、自分の支払ったお金を債務者から取り戻す権利がありますが、お金を返さない債務者からお金が返ってくるなんてことはあまり期待できないでしょう。
SMBCコンシューマーファイナンス プロミス
実質年率4.5%〜17.8%で人気の【プロミス】低金利と合わせ、ご利用限度額1〜500万円はうれしい。詳しくはこちら▼
このページのトップへ
キャッシング会社一覧
キャッシング会社一覧
金利で探す
無利息キャッシング
低金利キャッシング
ネットで金利優遇
便利優先で選ぶ
来店不要キャッシング
コンビニで借入返済
目的で探す
即日キャッシング
おまとめローン
レディースキャッシング
学生キャッシング
事業者ローン
会社で選ぶ
銀行系キャッシング
信販系キャッシング
消費者金融系キャッシング
キャッシング便利帳
返済シミュレーション
キャッシング用語集
キャッシングの基礎知識
キャッシングリンク
キャッシング関連リンク
キャッシング相互リンク
お役立ちリンク
サイト管理者
運営会社
免責事項
お問い合わせ
キャッシング遊