キャッシング審査の基礎知識

キャッシングの審査と個人信用情

キャッシングの申込の際には、氏名・年齢・住居・家族構成・仕事・年収・金融他社利用状況など、申込者の個人情報を記入、もしくは入力します。

その申込時の情報を元に、金融業者は個人信用情報機関の情報と照会し、審査を行います。個人信用情報機関では、キャッシング申込者の氏名、生年月日、住所、電話番号、勤務先、契約日、契約の種類、極度額(限度額)、支払い回数、支払い状況、利用残高、申込履歴、事故情報等の情報がすぐに確認でき、各金通業者は申告に誤りがないかを確認します。

最近はネットや無人契約機からの申込が増え、本人確認書類(保険証、運転免許証、パスポート)すら必要としない会社もあります。そのため、キャッシングの審査には個人信用情報機関での情報が大変重要となっています。

審査の結果がOKの場合、似た属性の人物の利用履歴、返済状況等を調べ、キャッシングの限度額、返済方式を決定します。利用限度額などは後の返済実績で、順次、改善されるので、この時点で低くても、気にすることはないようです。

審査時に重視される項目は、キャッシン各会社で異なりますので、断定的には言えません。

しかし、年齢、職業、住居形態、電話番号などの属性や、他の金融機関での借入件数、返済実績や事故情報が重視されるといわれています。

他の金融機関でのキャッシング借入件数に関しては、多いほど返済能力が低いとみなされ、審査は通りづらくなります。

SMBCコンシューマーファイナンス プロミス
実質年率4.5%〜17.8%で人気の【プロミス】低金利と合わせ、ご利用限度額1〜500万円はうれしい。詳しくはこちら▼
クレディア
15日無利息なので、2週間100万円借りても金利無料!詳しくはこちら▼
このページのトップへ
キャッシング会社一覧
キャッシング会社一覧
金利で探す
無利息キャッシング
低金利キャッシング
ネットで金利優遇
便利優先で選ぶ
来店不要キャッシング
コンビニで借入返済
目的で探す
即日キャッシング
おまとめローン
レディースキャッシング
学生キャッシング
事業者ローン
会社で選ぶ
銀行系キャッシング
信販系キャッシング
消費者金融系キャッシング
キャッシング便利帳
返済シミュレーション
キャッシング用語集
キャッシングの基礎知識
キャッシングリンク
キャッシング関連リンク
キャッシング相互リンク
お役立ちリンク
サイト管理者
運営会社
免責事項
お問い合わせ
キャッシング遊