キャッシング審査の基礎知識

キャッシングの金利と審査の関係

2006年に入ってからかなりのキャッシング会社で、金利の引き下げが行なわれました。そのため、多くの利用者が「金利が下がると審査が厳しくなるのでは?」と不安になったと思います。

しかし、いくつかの例を見ていると、意外なほどキャッシングの審査基準は柔軟になっているところが目立つ結果になっています。

今年になって金利を引き下げた例をいくつか見ても、目立って審査が厳しくなったところはほとんどありません。

たとえばNISグループは先月、社名を「ニッシン」から変更するとともに、キャッシング金利を一気に下げてきました。

ところが心配していたほど審査基準は変わらず、今でもかなり柔軟な状態が続いているのです。

また、同じく先月になって、大型ローンのオリックスVIPローンカードも金利を下げました。こちらはNISグループとは違ってわずかな下げ幅だったため、やはり審査基準はほとんど厳しくなっていません。武富士も審査が甘い従来のプランをきちんと残しており、幅広いユーザーが利用できるように配慮されています。

キャッシング会社がこうした利下げをする場合、きちんと事前に専門家が貸し倒れのリスク等を計算してから実施しています。

そのため、心配しているほど極端に審査が厳しくなることはまずないのです。むしろサービスの質を維持したまま金利が安くなるので、ちゃんと返済能力がある多くのキャッシング利用者にとってはメリットの方が大きいと言えます。

SMBCコンシューマーファイナンス プロミス
実質年率4.5%〜17.8%で人気の【プロミス】低金利と合わせ、ご利用限度額1〜500万円はうれしい。詳しくはこちら▼
このページのトップへ
キャッシング会社一覧
キャッシング会社一覧
金利で探す
無利息キャッシング
低金利キャッシング
ネットで金利優遇
便利優先で選ぶ
来店不要キャッシング
コンビニで借入返済
目的で探す
即日キャッシング
おまとめローン
レディースキャッシング
学生キャッシング
事業者ローン
会社で選ぶ
銀行系キャッシング
信販系キャッシング
消費者金融系キャッシング
キャッシング便利帳
返済シミュレーション
キャッシング用語集
キャッシングの基礎知識
キャッシングリンク
キャッシング関連リンク
キャッシング相互リンク
お役立ちリンク
サイト管理者
運営会社
免責事項
お問い合わせ
キャッシング遊